ジオラインは必須

https://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1107282

ジオラインは冬山登山には必須のアイテム。これがなければ、冬山登山は出来ないと言っていいだろう。

よく言われているように、UNIQLOの「ヒートテック」は雪山には不向き。UNDER ARMOURのCOLD GEARも試してみたが、多分冬山向けではない。

冬山はけっこう汗をかく。荷物は重いし、靴も重い。しかもスノーシューやアイゼンでさらに重量が増す。新雪の中を歩くと、すぐに汗だくになる。周りがマイナス10度でも、下手なレイヤリングをすると、とんでもなく汗をかくことになる。

汗をかくと、休憩時などはものすごく冷える。すぐにダウンやオーバーを羽織らなくてはならない。問題は、この「休憩時」にある。

ジオラインは、信じられないほどよく乾く。休憩時にほぼ乾燥してしまう。これは他のウエアには無い特徴だ。休憩し始めは体温が高く、多少の汗には堪えられる。休憩時間が長くなると、とたんに冷え込んでくる。ヒートテックなどでは、多分休憩時間内で乾燥することはありえない。

乾燥すると、保温性が回復し、体が冷えることが無い。これはジオラインの特徴である。この特性は他に代替が無い。

非常に寒い時でも、下にスーパーメリノウールを重ねれば、大抵堪えられる。この間の乗鞍岳では、かなりの寒さを予想し、メリノウールを重ねていったため、大汗をかいてしまった。マイナス2、3度だったと思うが、それでもジオラインの下にメリノウールを着ると暖かすぎる。

真冬でもジオラインEXPは暖かすぎるぐらい。なので最近はジオラインM.Wの下にスーパーメリノウールで済ます。

ジオラインは登山に特化した性能を持つ下着だ。普段の部屋着には向かないし、多分他のスポーツでは暖かすぎるかもしれない。

やはり、登山には登山用のウエアを着なければならない。

広告
カテゴリー: 機器 | コメントをどうぞ

冬型気圧配置で悪天候

RIMG0066.jpg

最近は冬型の気圧配置で、山にかなりの積雪があるようだ。いよいよ冬山シーズンが到来する。平地でも3日ほど前からひどい天気が続いており、しばらく続きそうな気配。こんな時に山になど行こうものなら、たいへんな目にあうだろう。

12月は冬山としてはかなり厄介な時期である。雪の降り始めで、ふわふわの雪。スノーシューでもきついラッセルを強いられるか、あるいは先に進めなくなる場合が多い。雪の積もり方も中途半端で歩きにくいのだ。

かといって1月だと、さらにふわふわであることが多い。2月は天候の見極めが難しい。3月は当たり外れが大きく、天候が不安定。

「なんだ、冬山は何月でもおなじじゃん」と言われればその通りで、これからの季節、一番大切なのは天候の見極めなのである。天気が悪ければ、冬山は即座に牙を剥いて登山者に襲いかかってくるのだ。

今の大荒れが過ぎれば、少しは天候が安定しないだろうか、と期待しているのだが、相手は天気。どうなるか、わからない。

 

カテゴリー: エッセイ | コメントをどうぞ

山を楽しむ

乗鞍岳

山登りは、無理をすると楽しくない。嫌な思い出を作ると、続けられなくなってしまう。

多分、遭難したり行動不能になったりすると、最高に嫌な思い出を作ってしまうことになると思う。

だから、登山を続けたいなら、なるべく嫌な思い出を作らない方が私は良いと思っている。

いかに「楽しむか」をメインにした登山をするように心がければ、こんな素晴らしいスポーツは他にない。

登山は楽しいスポーツだ。

美しい自然を体感しながら、人生にかけがえのない安らぎを与えてくれる。

カテゴリー: エッセイ, 安全 | コメントをどうぞ

とんがった山とまるい山


肩の小屋への登り口

歳をとってくると、体力や判断力、瞬発力が衰えてくる。これは自然なことで、どんなことをしようとも、どうしようもない。若返りの薬でもあるなら飲みたいが、そんなものはこの世には存在しない。老いは誰にでも訪れる自然なことで、別に恥ずべきことでもなんでもない。

私が登山を始めたのはほんの6年前だが、その頃から比べると、やはり体力の衰えは確実にある。

始めた頃はやたら尖った山、岩山、危険な山に登ってみたいと思っていた。

ヤマレコなんかの影響もあったのかもしれないが、そういう山に登って自分の体力を確認をしたかったのかもしれない。「自分はまだ若い。まだまだ大丈夫だ」と。

しかし、最近はそういう登山に魅力を感じられなくなってきた。

最初に言ったように、体力の衰えを感じたのは事実であるし、競争みたいにして山に登る気力もなくなってきた。

むしろ、「美しい自然を感じながら、ゆっくりと歩きたいなあ」という思いがさらに強くなってきた。

前に登った同じ山でも、季節によっていろいろな表情を見せてくれる。険しい山ももちろん美しいが、穏やかな山の方が、自然を観察しながらあるくという目的にはかなっている。

人間は決して若返ることは出来ない。ならば、年相応なレベルの山を楽しむようにすれば良いのではないか?

山はどんな山でも美しい。

ちょっと視点を変えるだけで、意外な美しさに出会うことが出来るのではないだろうか。

カテゴリー: エッセイ, 安全 | コメントをどうぞ

がんばっているのか、または、がんばらされているのか

RIMG0087.jpg

「恐ろしいから、やめておこう」という気持ちは確かに大切である。しかし、あまりにも臆病すぎると、何もできなくなってしまう。

一番安全なことは、健康的な食生活、規則正しい生活、そして「危険なことを避ける」ことだろうと思う。山に登ることは「危険なこと」に相当するため、安全に生きようとする人にとっては「なぜそんなことをするのか」と疑問に思われるのも当然である。

そういう人たちはきっと言うだろう。「山小屋なんか必要ない。登山道も整備する必要はない。登山するなんて無益なことだ。遭難して人に迷惑をかけるなんて、社会にとって無益なだけだ。登山なんてやめてしまえ」と。

しかし、本当にそれでいいのだろうか? それだけでいいのだろうか?

それだけで本当に人生に納得を得られるのだろうか? 人並みなことだけをして、なるべく危険なことに遭わないようにして、だんだんと老いてゆき、そのまま枯れるように亡くなっていくことが。

わたしは一般の人とは考え方が違っているのかもしれない。どうもそれだけではいけないのではないか?と思えてならないのだ。

いろいろな努力の仕方がある。みんなのやっていることを真似て、その中でより高い目標に向かってする努力。だれもやっていないことを新たに生み出そうとする努力。

私のする登山は、すくなくともそれらの努力とは全く違った種類の努力である。特別無理をするわけでも無い。何か目標があるわけでもない。ただ、歩かざるを得ない、という思いだけだ。「ただひたすらに歩く」努力だけである。

「歩くこと」は努力を必要とするが、それは「楽しい」だけでもない。とてつもなく「苦しい」ことすらある。

結果的に「がんばってやったなあ」と思うだけで、登山時はただただ必死で、足がひとりでに前に行っている感じである。

こういう感覚になるのは、登山の醍醐味なのだろうか?。それすらもはっきりしないのだ。がんばっているのか、または、がんばらされているのか。

ただ「ひたすら」歩くことを一生懸命にやっているだけである。そして、だんだん回数を重ねてくると、回数を重ねただけの思いが生まれてくる。

もちろん「危険なことを」やっているのは間違いない。非難する人もいるだろう。だからこれが正しいことなのか、間違ったことなのか、私は自信を持って言えない。

しかし「危険だから」と言って止めてしまったら、私はたぶん人生に納得がいかなくなってしまうだろう。

これを、どう表現したらよいのだろう?

カテゴリー: エッセイ | コメントをどうぞ

「ヒトココ」について

IMG_1635.jpg

登山はすばらしいスポーツだと思う。しかし一点だけ、好ましくないことがある。それは「遭難」する可能性が常にあるということ。

どんなベテランでも、この「遭難」だけは避けることができない。だれも自分がいつ死ぬかは予想できないし、いつ道迷いしたり滑落したりするかは、予想できない。

仮に自分が死ねば、それは自分だけの問題ではなくなる。警察を始め、家族を巻き込むことになってしまう。本人は「こんなはずではない」と思っていても、事故は起こりうる。そういう想像力を持っていることは、登山者にとって当たり前であるべきだ。

遭難すれば、捜索が始まることは間違いない。捜索には多額の費用がかかる。雲ノ平の周辺で遭難した方の例だと、約1000万円ほどの費用がかかったという。これだけの費用を捻出できる富裕層の方ならまだしも、一般人にこれだけの費用は支払えない。ゆえにまず「山岳保険」に入るのは、必須である。

捜索は日数がかかればかかるほど、費用がかかる。たとえ本人が死んでいたとしても、費用がチャラになるわけではない。

捜索日数を減らし、捜索を容易にするアイテムが「ヒトココ」である。スイッチを入れると、約3ヶ月の間電波を発信し続け、位置を知らせてくれる。山岳警備隊も推奨している。

私は今まで知らなかった。「登山コンパス」のアプリにはこの「ヒトココ」のIDを書く欄がある。仮に遭難した場合、命が無くても、位置を1kmぐらい先から検知できるという。これさえ持っていれば安全だというわけでは決してないが、迷惑をかける可能性が少しでも減る、というだけで大変な違いがある。

まだ持っていない人は、jiro(日本山岳救助機構)で貸し出している。私は長く使用する予定なので子機を購入したが、一時的に必要な時は、借りた方が安いと思う。山岳保険加入と同時に借りておくと良いだろう。

とにかく山では何が起こってもおかしくないので、万全の体制を構築しておかなければならない。特に単独行が多い、雪山に登る、という人は必須のアイテムではないだろうか?

カテゴリー: 安全 | コメントをどうぞ

『日本百名山』と乗鞍岳

RIMG0150.jpg

どこの山もそれぞれの信者を持っていて、その信者たちにはそれぞれ独自の雰囲気があるように思われる…

乗鞍信者は平和的で、浪漫的で、ウェットである…

乗鞍は登るというより、住むと言ったほうが似つかわしい山である…

その信者たちの参詣口は絶対に大野川であらねばならぬ…

位ヶ原まで登って、初めて真正面に、遮るもののない乗鞍岳それ自身に接する。ここからの眺めを、私は日本で最もすぐれた山岳風景の一つに数えている。まずその姿がいい。雄大で、しかも単調ではない…

それから前景の豊かな拡がりがいい。胸の透くように伸びてコセコセしたところがない。

深田久弥『日本百名山』 59 乗鞍岳より引用

深田久弥がはじめて乗鞍岳の山頂に登ったのは、初冬の頃だったという。ちょうど今の時期か、もう少し後なのだろう。

深田は観光バスが開通する以前に登ったらしい。観光客の増加で観光地と化したことを嘆いているが、乗鞍の全体は「道路が開通したぐらいで通俗化するようなちっぽけなマッスではない」とも書いている。

北アルプスでもっとも大きな山域をほこり、雄大で「颯爽とした」雰囲気を感じる。深田は乗鞍好きな人を「ウエットだ」と表現しているが、山そのものはドライで乾いた印象である。私の住んでいるところが、北陸の山奥だという関係もあるかもしないが、少なくとも私は「からっとした、なんて気持ちの良い山なんだろう」という印象だった。

深田は絶対に大野川から登らなければならない、と言っているが、その理由の一つは、乗鞍高原の広さを体験できるからであることは間違いないだろう。

乗鞍高原はちょうど立山の弥陀ヶ原に相当する溶岩台地である。私は初めて訪れたが、その規模の大きさに驚いた。北海道に行った時の広々とした平原を思い出した。車でカラマツの紅葉の中を走ると、ここが本州であることが信じられなかった。

朝6時、かもしか平の駐車場を出発する時、朝焼けと紅葉で世界が黄金色に輝くような感じがした。準備を済ませ、薄暗い川を渡り、鈴蘭からの道に合流する急な坂道を登ると、シラビソとダケカンバの樹林帯に入る。森は深く、観光化された山だとは思えない。

何度か舗装道路を横断するが、険しくなってくる印象はない。また狭くなってくる印象もない。広々と、広大な森を進んでいる感じ。険峻な山を登る時の、なんとも言えない重苦しさと緊張感は最後までなかった。樹林帯の中からは、まだはっきりとその山容をとらえることはできない。

位ヶ原山荘を通過し、雪の積もった急な登山道に入り、そこを抜けると目の前に、圧倒的な姿で乗鞍の主峰が姿を現わす。すばらしいの一言である。写真をかなり撮影したが、どれだけ撮っても撮り足りないという思いが常にあった。もしもテントがあったら、この場所で一夜を過ごして、写真を撮り続けたいと思った。

この山はコセコセしたところがない、というのは本当に名言だと思う。猫岳に行った時も思ったのだが、広々と胸の透くような拡がりをもつ山である。あやしげな神秘が全くない。あっけらかんとしたドライな山である。どこか北海道の山を連想させる。

どれだけ書いても物足りない。北陸にはない山だ。

 

 

 

カテゴリー: エッセイ | コメントをどうぞ