今日は登山の日らしいが

 

IMG_6521.jpg

2018年10月18日、白山観光新道

今日は10月3日。語呂合わせで「登山の日」というらしい。しかしあいにくの雨。登山できない。

今年は去年よりも随分天気が悪い。晴天の日がほとんど無い。

山に嫌われている(^^;

こういうときは、本当にどうしようもない。雨の日に山へ行くと、つらいだけ。

過去の写真を見て山に行きたい気持ちを紛らわす。

広告
カテゴリー: エッセイ | コメントをどうぞ

Windowsに悩まされた

IMG_7388.jpg

月曜日に登山に行く前に、仕事場のパソコンを修理した。普段使っているのがMacなのだが(このブログも十年もののMacで書いている)職場のパソコンはWindows7。Windowsは長い間、新しいバージョンを入れる気もせず、7のアップデートだけで済ませてきた。

別に問題はない。MS Officeを使って文書を作成し、表計算をするだけだ。

日本の会社は、なぜ未だにWindowsばかり使っているのか。そしてなぜ、MS Officeで作った文書が同じMS Officeでしか正常にレイアウトを保持しないのか、まったく理解できない。

たしかに仕事に便利なソフトではある。しかし、MS Officeでなければならない理由なんて、どこにもないはずだ。だが職場の文書はどこにいってもMS Officeで作ったものばかり。

そのWindowsパソコンが壊れた。たった5年しか経っていないのに、キーの動きがおかしい。

ソフトウエアを全てしらべてみたが、どこにも問題がなかった。しかし、試しに文書を入力してみると、日本語入力がおかしい。アルファベットは全て大文字になっている。

「これはシフトキーが押されっぱなしの状態だ」と思った。

そこでパソコンを分解し、内臓キーボードを取り外し、外付けのUSBキーボードを取り付けてみると、問題なく動くではないか!

結局キーボードが故障していたために、動作に不具合を生じていたに過ぎなかった。

自分のMacは10年以上もキーボードを使用しているのにこのような問題は起こったことがない。片や、Windowsのパソコンはかなり短い期間でキーボードが壊れてしまった。

ソフトに問題があるわけではないと思うが、キーボードが壊れた時にはエラー表示ぐらいしてくれるとありがたいと思った。エラーの原因を追求するのに丸3日かかり、登山中も「なにが原因なのだろう?」という考えに悩まされつづけて、集中できなかったのである。

Macの場合はハードウエアもしっかりしているので、こんな問題は滅多に起こらない。

最近MS社は自分のところでもハードウエアを作るようになったらしく(Surfaceというブランド名で発売している)、少しはまともな動きをするパソコンになっているのかな?と思っている。

とにかく、不安定なWindowsパソコンはあまり使いたくないのだが、しかたなく使用せざるを得ないのが現状だ。

Google Appsでも使えば、代用できるのだが、回線が遅かったり、インターネット接続に問題があると使えないので、これもまだまだだ。

 

カテゴリー: エッセイ | コメントをどうぞ

大門山 赤間木古山 白山には結局行けず

9/25 ぜひ白山へ行きたい、と思っていたが、時間の都合で断念せざるを得なかった。

朝8時出発では、白山に登るには時間が足りない。この日しか、行く機会はない。

そこで大門山、赤間木古山に行き先を変更。いろいろと仕事が重なっており、あまり落ち着いた気持ちで登れなかったことが悔やまれる。

IMG_7389

赤間木古の山頂から、大笠山、笈ヶ岳、白山に連なる稜線

IMG_7393

大門山を望む。紅葉はまだ始まっていない。ここで昼食。ご夫婦が登ってこられた。

IMG_7395

空の筋雲が美しかった。

IMG_7421

急な尾根を下山中

IMG_7422

ブナの木は、なんでこうも心を和ませてくれるのだろうか。

久しぶりに歩いたので、足の筋肉が弱くなっているのを実感。ちょうど良い運動になった。笹が登山道を覆っており、足元には注意したい。横の崖はけっこう下まで切れ落ちており、踏み外したり滑ったりすると、かなり下まで落ちるであろう。

ここは五箇山の最深部に位置しており、非常に多くの自然で満ち溢れているのでとても好きな山域だ。

自然の中を歩くと、身体中の毒素が抜けていくような気がする。

下山するとお腹が空いてたまらなかった。おにぎりを3つも食べたのに、まだ足りない気がした。

カテゴリー: 記録 | コメントをどうぞ