金剛堂山 新しい夏道 残雪たくさん(前・中・奥金剛)

久しぶりに山に行ける時間が出来た。しかし、忙しすぎてストレスが限界状態。こんな調子ではきつい山は無理と判断し、それほど遠く無いいつもの金剛堂山へ。去年の冬に起こった旧利賀スキー場(スノーバレー利賀ではない)の土砂崩落現場を迂回し、栃谷登山口を目指すと、なんと通行止め!

登山口を探していると、冬道に何やら新しい道が開けている!

Exif_JPEG_PICTURE

5月20、21日に開催される「TOGA天空トレイルラン」のコースが出来ている。ここから多分登ることが出来るだろう、と判断。

Exif_JPEG_PICTURE

いきなり、きつい登り。本当の山道だ。ミドルコースで31.9kmも走らなきゃならないのか。トレランは過酷だと聞いていたが。

Exif_JPEG_PICTURE

予想通り、いつもの道へ合流した。ブナの新緑が美しい。

Exif_JPEG_PICTURE

すごく爽やかだ

Exif_JPEG_PICTURE

片折峠に近づくと、だんだん残雪が出てきた。こんなに多いとは予想外だったが、雪の上は快適に歩けるので、大歓迎。

Exif_JPEG_PICTURE

いい天気

Exif_JPEG_PICTURE

片折峠の上部を進む。

Exif_JPEG_PICTURE

飛騨片麻岩だと思う。この山は20億年前の岩に、5億年前の岩がめり込んで出来ているらしい。日本で最も古い地層がある場所の一つである。

Exif_JPEG_PICTURE

雪稜も少し残っており、満足

Exif_JPEG_PICTURE

前金剛到着

Exif_JPEG_PICTURE

前金剛から先は、結構しっかりと残雪あり。

Exif_JPEG_PICTURE

中金剛(最高点)までは、雪の上を歩けて快適、快適。

Exif_JPEG_PICTURE

雪庇も無いし

Exif_JPEG_PICTURE

中金剛を過ぎて、奥金剛に向かう。振り返って一枚。

Exif_JPEG_PICTURE

中金剛は1650m。荒島岳より高いのです。

Exif_JPEG_PICTURE

最終到達点の奥金剛。かなり時間的に余裕があったので、ここで昼食を摂りながら1時間ほどばーっと過ごす。胃が痛いので、カロリーメイトとコーヒーだけの昼食だったが、カロリーメイトがこんな美味く感じられたのは初めてかもしれない。カロリーメイトは山ごはんとしては最高のご馳走なのかも。

広告
カテゴリー: 記録, 山歩き パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中