西穂独標 (2701m) 青年たちが多かった

天気が良さそうだったので、1日休みをもらって西穂へ行ってきた。新穂高ロープウエイは始発に乗れなかったが、9:15分の便に乗せてもらった。

全体的に雪がやわらかく、岩は難儀した。ざらめ雪の下に氷化した雪がある感じ。踏み抜きも多数。スリップしやすいので行く人は十分注意してください。

下山後は「深山荘」の露天風呂で汗を流した。硫化水素の匂いがする、いいお湯だった。今度はゆっくり入りたいな。オススメです。

IMG_7091

1時間ほど歩いて西穂山荘に到着。小雪がちらつくような天気だったが風はあまり強くない。

IMG_7098

山荘をスルーしてすぐに丸山へ。ハイマツの葉に霧氷あり。稜線に出るとさすがに少し風が出てきて、冷たさで顔が痛くなった。

IMG_7106

先行のパーティーが見えてきた。

IMG_7109

振り返ると、焼岳の雲が晴れてきた。

IMG_7117

独標が見えてきたぞ。雲はかかっていない。

IMG_7131

独標に到着

IMG_7126

何人か先に行かれたが、独標の登りで雪が柔らかく、少し怖かったので、今回は降りないことにした。ざらめ状のいやな雪。たぶんこの先も同じようなコンディションと見た。

IMG_7132

独標より上高地

IMG_7134

吊尾根の方向。今年はすこし雪が多いようだ。

IMG_7136

IMG_7142

あとからどんどん人が登ってくる。青年たちの声が聞こえてきた。

IMG_7156

昼食を食べ終わると、山頂が狭くなってきたので、降りることに。降りはゆるい雪が怖く、なるべく岩の上を歩く。ときどき「ズルっ」と滑る。

IMG_7167

雪庇もまだこれだけある。

IMG_7171

雪庇の付け根を歩く。下には大正池が見えてきた。

IMG_7174

独標を見る登山者

IMG_7207

稜線はアリの行列みたいになってきた。今日は人が多いな。特に青年たち。大学の登山部の新入生歓迎山行なのかな?

IMG_7224

下山してくると、山荘の前に沢山のテント。

IMG_7238

帰り道。天気が回復して、西穂の山頂まで綺麗に見えてきた。

IMG_7259

ロープウエイの駅の近くの「雪の回廊」

IMG_7263

ロープウエイの車窓から西穂を撮影。独標は一番右のぴょこっと出ている岩。

IMG_7274

鍋平高原から。すっかり春山らしくなったねえ。

広告
カテゴリー: 記録 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中