雪山 雪質でしんどくなる

IMG_6783.jpg

26日の雪山山行は雪の柔らかさが今までになく強く、とても大変だった。今日あたり登った方が良かったのかな。スノーシューの取り回しが重く、ワカンでも深く沈んで大変だったようだ。

今年は急に降雪した。12月まではほとんど降雪がなく、急激に2m近く積もったものだから、新雪の層が極めて厚かった。弱層もありそうな感じで、なんとなくいやらしかったが、経験者の指導で危険な斜面を教えてもらったりしながら、安全に登山出来たのであった。

それより残念だったのが、自分はまだ若いと思っていたのに、あの雪の中では「思った以上に」体力を消耗したことだ。一年一年、体力が落ちているのを実感した。

汗が噴き出し、1歩1歩が「限界への挑戦」みたいになってしまった。

全く、なんてことだ。体がだんだん老化している。

しかし他に登っておられた方々は、私よりずっと高齢なのに平気そうだった。ショックだ。

広告
カテゴリー: エッセイ, 記録 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中