二重の虹は、凶か吉か?

剱岳に登っていた時に、二重の虹を撮影できた。

二重の虹は中国では虹蜺(霓は仮字。「こうげい」と読む)と言われ、「虹蜺彗星は天の忌(『淮南子』)」と言われ、縁起が良くない。虹はオスの龍、蜺はメスの龍であるという。

縁起の良い龍は、「黄龍」とよばれる。これが一体なんなのかは分からない。「金色に輝く雲」なのか、金色いヘビなのか。

一方、ハワイでは虹は縁起の良いものとされ、二重の虹は非常に縁起が良く、願い事が叶うという。Webで「二重の虹」で検索してみると、大抵は縁起のよいものだ、という結果が示されるはずだ。

結論として、「縁起が良いか、悪いか」は、評価が全く正反対だということになる。

空気の澄んだ時にしか見られない、という二重の虹は、どちらかというと良いエネルギーを発しているように見えた。

これを見られたことはやはりラッキーなことなのだろう。

二重の虹

二重の虹

広告
カテゴリー: エッセイ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中