変わらない世界

変わらない世界というのは無い。一度登った山でも、2回目に登ると様子が変わっていたり、環境が変わっていたりする。

何千年も、同じように変わらないと思われている自然だが、われわれ人間の起こす行いの影響は、確実に山奥にまで及んでいる。

最近気になるのが、倒木が増えている、立ち枯れが増えていることだ。

立派な木が幹から折れていたり、弱って立ち枯れしているのが増えている。

最近あまり騒がれていないが、酸性雨とか、大気汚染の影響、登山者の増加で根が踏み荒らされていることと関係がある。

こんな風景を見ると、なんだか山に登ること自体が、自然に対する犯罪行為のような気がしてきた。

そのまま、ほっといてやれば良いのかな、と思うこともしばしばになってきた。

Exif_JPEG_PICTURE

もうせん平(2015.6)

広告
カテゴリー: エッセイ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中