やりたいことをする

Exif_JPEG_PICTURE

「やりたいことが分からない」という人がいる。

とてももったいないことだと思う。生きているということは、「やりたいことをする」ことだから。

それをしている時に、幸せになれることが「やりたいこと」である。

それが無い、ということは「生きている気がしない」ということである。

「生ける屍」という言葉がある。

僕はこの言葉に違和感を感じる。なぜなら「生きている」ということは、何らかの幸せを感じていないと、成立しないから。

だから「生ける屍」、ではなく、「生きていることを自覚していない」という表現が良いと思う。

幸せは案外身近にありながら、気がついていないことがある。

何も特別なことじゃない。息を吸って、吐く。ものを食べる。眠る。

すべて「生きている」ことだ。無意識にやりたくて、やっていることだ。

そしてそれをしたくなくなることは、あり得ない。生きている限り。

人間は生まれながらに幸せに生きるように出来ているのだ。それを自覚せず、他人の幸せをうらやんでばかりいる。わたしも含めて、そうだ。

自分の周りの幸せを噛み締め、周りの人の幸せを喜んであげよう。

わたしは山に登っている時に幸せを感じることがある。なんでこんな辛いことして、幸せを感じるのか、全く分からない…

広告
カテゴリー: エッセイ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中