海越しの立山連峰

 

今日は、お釈迦様のお誕生を祝う「降誕會」へ行って来た。美しい「赤藤」の棚の下にて。Exif_JPEG_PICTURE

 

大甘菜の花もあった。

Exif_JPEG_PICTURE

行事の帰り道。海岸を走ってみた。

Exif_JPEG_PICTURE

海越しに立山連峰が。

Exif_JPEG_PICTURE

すっきりとは見えなかった。

Exif_JPEG_PICTURE

空はこんなに青い。

Exif_JPEG_PICTURE

山側へ走ると、剱岳が見えた。

Exif_JPEG_PICTURE

白山も、雲に覆われていた。

憂しとても身をばいづくにおくの海の鵜のゐる岩も波はかからむ(御集)

【通釈】生きるのが辛いと言っても、この身をどこに置けばいいというのか。沖の海の、鵜のとまっている離れ岩にだって、波はかかるだろう。そのように、いくら遠くへ去ろうと、憂いの涙から逃れることはできないのだ。

(Webページ 順徳院千人万首より引用)
http://www.asahi-net.or.jp/~sg2h-ymst/yamatouta/sennin/juntoku.html#SM

広告
カテゴリー: 日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中