「ありがとう」の力

DSC_0296

人に何かしてもらった時に、素直に「ありがとう」が言える人は魅力的だ。そういう人は社会的にうまく行く場合が多い。

「おれは人より優れた存在だ。何かをしてもらっても当たり前だ」
そのように思うようになったら、要注意だ。それはあまりに傲慢な態度だ。
そのうち「なんだあいつは。感謝することを知らないのだろうか」と言われるようになるだろう。その人の周辺はギスギスするだろう。

まわりの人はその人のために生きているのではない。
もちろん自分もそのなかにいるのだが、「お互いに」助け合いながら生きているのだ。それはどんな人間でも同じだ。

人は単独で生きる事は出来ない。それはどんな立場の人間であれ同じである。「ありがとう」を言わなければならない人間に上下は無い。「人間」は人の間という意味だ。だから多く感謝をする人間は、とても賢いと思う。

どんな場合にでも「ありがとう」という言葉を交わせば、その社会の中が明るくなる。「ありがとう」は、人間社会がうまく回って行くための潤滑油である。そういう自分は、たくさん「ありがとう」を周りに言っているだろうか?

よく反省してみなければならない。

広告
カテゴリー: エッセイ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中