3月11日

Exif_JPEG_PICTURE

 

今日は3月11日。大震災から3年目の日だ。
あの日僕は仕事で外に行っていた。
地震の発生には、全く気がつかなかった。

帰ってテレビを見ると、大津波が街を流していた。
次の日も、次の日も、ニュースは流れ続けた。

そのうちに津波にあった原発が爆発した。

日本が終わったな、と真剣に思った。

あのときは、ほんとうに「どうしようか」と思った。
原子炉が吹き飛んでしまったら、もう東京にはだれも住めなくなるという。
ほんとうに現実とは思えなかった。

まさかこんなことが、現実に起きるなんて。

原発事故は未だに収束していない。

住宅も建っていない。復興なんて、まだまだ先の事だろう。

あの日起きた事を忘れない事。というか、未だに進行中の事故を、忘れるとか忘れないとか言っている時点でおかしい。
未だに、地震のがれきは片付いてもいない。

汚染水のタンクは、ズラッと並んでいる。

みんな、その現実から目をそらそうとしてるだけなのだ。

人間はとても勝手な生き物だ。

 

広告
カテゴリー: エッセイ, 日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中